水漏れなどの水のトラブルの時、修理は必要か

水漏れなどの水のトラブルの時、修理は必要か お風呂場、キッチン、トイレなど、家の中で毎日何気なく使っている場所ですが、ある時突然水漏れやつまりなどの水のトラブルに遭遇してしまう可能性もあります。こうした時につい慌ててしまいますが、まずは落ち着いてトラブルの起きている場所や原因を特定することが大切です。家庭内での水のトラブルでも最も頻度が高い水漏れについてどのような場所で起こるのか紹介します。

■どのような場所で起こるか

水漏れは水回り周辺だけでなく、様々な場所で起こります。中でもキッチン、お風呂、トイレは頻繁に使う場所だけあってトラブルも起こりやすいです。トイレで起こりやすい場所にはトイレタンクがあります。もし便器の中に水が流れ続けているという場合はトイレタンクのトラブルを疑いましょう。
その他にも、排水管や給水管が原因の場合や床から水が漏れてくることもあります。キッチンやお風呂場での水漏れの多くは蛇口からのものです。きちんと閉めていても水がポタポタ出続けるという場合は蛇口が劣化している可能性があります。シンプルな形のものは自分で交換することもできますが、蛇口の交換でも直らない、自分で交換できないという場合には修理業者に依頼しましょう。シンク下の排水管から水が漏れ出る場合には接続部分のパッキンの劣化やゆるみなどが考えられます。これらが原因の場合は部品の交換や接合部の締め直しによって自分で対処することも可能です。その他、給湯器からの水漏れなどもあります。

■場所がなかなか特定できない時には
水が漏れている気配があるにもかかわらず、はっきりと場所が特定できないというケースもあります。特にじわじわと水が滲み出てくる場合にはどこが原因か判断しにくいことも多いでしょう。こうした時には、まず乾いた雑巾で濡れている部分をきれいに拭き取り、新しく乾いた雑巾を用意して気になる箇所に置きましょう。数分後に確認して濡れている部分があれば、そこから水が染み出てきていることがわかります。
水気を拭き取る時に力を入れすぎると、給水管や蛇口が劣化している場合さらに破損が進んでしまい、水漏れが悪化する可能性があります。劣化が原因の場合は1ヶ所だけでなく複数の箇所で水が漏れていることもあります。また、目に見えないところで水漏れが起きていることもあるため、水道代が普段よりも高額で請求された場合には一度家の中の蛇口を全て閉めた状態で水道メーターを観察しましょう。数字の下にあるパイロットと呼ばれる部分が回転していたら水が漏れている可能性があるため修理が必要です。

■水回りだけでなく天井からも

水漏れというと水回りだけに見られるトラブルと思われる人も多いでしょうが、意外な場所から水が漏れてくることもあります。水道管は家の中でも見えない場所に張り巡らされているため、天井や壁部分に走っている管でトラブルがおこるとそこから漏水が起こります。特にマンションなどの集合住宅では天井に通されている水道管の劣化が原因で水漏れを起こすこともあり、階下の部屋に被害が及ぶケースも見られます。もしも天井から水が漏れてきたら、まずは上の階の人に心当たりがないか確認をしましょう。
原因が分からない場合には管理組合などに連絡を取って早急に修理業者を依頼することをお勧めします。天井からの漏水はカビの原因になるだけでなく、天井自体へのダメージも大きいため早めの修理が必要になります。

■まとめ
家庭内での水のトラブルには様々なものがあります。しかし、まずは冷静になって原因を突き止めることが大切です。原因によっては自分で対処できる方法もあります。また、床上浸水や天井からの漏水の場合、早めに対処しないと家自体を傷めてしまう可能性があります。症状が酷い場合や自分でどうにもできない時にはすぐに専門の修理業者を手配しましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース